領収書のデータ化

スマホで撮って、あとは待つだけ。

スマートフォンで撮影された領収書データは画像化されて、トレーニングを受けたワーカーが経理処理に必要な形に仕訳を行います。入力・仕訳は2名体制のダブルチェックで行い正確性を高めています。

仕訳後のデータは、領収書を撮影してから7営業日以内にマイページから確認することができます。

領収書データのエクスポート

税務申告や経費精算にすぐ使える便利な形式。

作成された領収書データは、「統計データ」と「明細データ」の形式でエクスポートが可能です。

統計データに関しては下記3通りの方法でエクスポートできます。

・青色申告決算書用
・収支内訳所用(白色申告決算書用)
・フリー設定

 

それぞれ申告書の書式項目でエクスポートされますので、「統計データ」の合計額を申告書に転記頂く事が可能です。

 

付箋機能

ワーカーとのユルいつながりで仕訳精度アップ。

ワーカーが仕訳を実施する過程で利用した状況等の詳しい情報がわからないと仕訳ができない領収書であったり、画像が一部不鮮明で仕訳が困難な場合については、データをお戻しする際に分かりやすいように「付箋」を付けさせていただきます。

この「付箋」がついている仕訳明細については、特にお客様ご自身で再度ご確認頂き、必要に応じて修正頂きご利用ください。

領収書の検索

PCでもスマホでも。過去の領収書をいつでも閲覧。

データ化された領収書データは必要な時にご自身のPCやスマートフォンで検索、閲覧する事ができます。

独自勘定科目の設定

自社オリジナルの勘定科目に対応。

自社で独自に設定している勘定科目を自由に追加したり変更設定することができます。使い慣れた経費処理の方法を継続することができます。

なお、使用頻度の高い「会議費」と「新聞図書費」は初期設定から追加されています。

仕訳メモ機能

自分の仕訳ルールを登録して仕訳精度アップ。

ワーカーが仕訳をする際に、「事業内容」や「よく使う仕訳メモ」を把握しておくことでより精度の高い仕訳を実現します。「事業内容」や「よく使う仕訳メモ」はいつでも登録することができます。

また、領収書情報の編集画面で勘定科目を修正する際にも「仕訳メモ」を登録しルールを蓄積することができます。

 

 

サービスの注意点!

注意点1:仕訳について

このサービスはスマートフォンアプリ等で撮影された領収書をもとに入力代行業務を行います。
送付頂く画像から読み取れる情報をもとに作業を行いますが以下の理由から100%正確な入力代行作業を行う事は難しいと考えています。

例えば、撮影に不具合があり一部正確に領収書の情報が読み取れないケースや、領収書の但し書きが未記入で利用内容が不明なケースがあったり、状況次第で複数の勘定科目を選択できるケースがある為です。

上記を踏まえトッテオクールサービスでは、送付頂いた領収書画像から読み取れる範囲で可能性の高い入力代行業務を行います。情報が不鮮明であったり仕訳難易度が高い領収書データについては、「付箋」をお付け致しますので、ご自身で重点的に確認をお願いできればと考えております。

尚、明らかに判別不能な領収書については対応が難しいのでデータ未入力のままお返し致します。(課金対象枚数からは除外されます)

注意点2:証憑の保管について

このサービスは、送信頂いた領収書データその他一切のデータ又は記録について、何ら保存又は保管の責任を負うものではありません。ご登録ユーザーは領収書等の原本を自ら保存及び保管する義務を負いますので、当サービス利用後も領収書等は廃棄することなく、必ずご自身の責任で保管して下さい。