トッテオクールとは、領収書を溜めてしまうユーザーの悩みを解決しながら、復興支援にも繋がるサービスです。

領収書を溜めてしまったユーザーは、スマートフォンで領収書を撮って送るだけ。
トレーニングを受けた福島の主婦が、確定申告や経理に必要なデータを作ってくれるサービスです。

このサービスにより、

・個人事業主は「確定申告が楽になります」
・自計化しているベンチャー企業・NPOの経理担当者は「経理データ作成が楽になります」
・しかも、被災地の復興支援(雇用創出)にも繋がります。

それが、トッテオクールです!

 

 

個人事業主/ベンチャー企業/NPOのメリット

・領収書をスマホで撮るだけで経理データができる
・確定申告書類に転記できる
福島の主婦のメリット

・子育てや介護をしながら在宅で仕事ができる
・世帯所得の改善につながる

 

仕訳はあえて人力

OCRを使ってのシステム的な仕訳ではなく、ワーカー(福島の主婦)が人力で仕訳を行います。機械的に判断しづらい支払先や摘要の組み合わせや利用シーンを想定して可能性の高い仕訳を実施致します。
個別企業毎のナレッジも蓄積される事から精度を高めて行く事が可能です。

仕訳はあえて人力

 

2名体制の2重チェック

経費仕訳のトレーニングを受けた1次入力者と2次確認者の2名で仕訳を行います。
入力ミスはもとより仕訳の判断についても全て2重チェックを実施致します。

2名体制の2重チェック

 

仕訳メモで精度アップ

自分の仕訳ルールを登録して、ワーカーに伝えることで仕訳精度を改善できます。
また、勘定科目を修正をした際にも仕訳メモとしてルールを蓄積し仕訳精度を改善できます。

仕訳メモで精度アップ

 

 

<復興支援型地域社会雇用創造事業に採択されました>

インターネット活用により地方の雇用創出を支援するピリカワークス株式会社(本社:東京都北区)は、内閣府主催の復興支援型地域社会雇用創造事業(http://fukkou.chiikisyakai-koyou.jp/)を展開する「SEEDx 地域未来塾 福島」の社会起業プランコンペにて支援事業として採択され、7月より福島地域における雇用創出事業を開始します。

また、本プロジェクトは福島地域における雇用創出のみならず、社会起業や社会的企業への就職、社会的企業の活動支援等に強い関心を持つインターンの方々と活動を共にすることで、次世代の起業家を生み出すことにも協力して参ります。

 

プレスリリースの続きはこちら

SEEDx地域未来塾

なぜこの事業を行うのか?